おこ・る【起(こ)る】 の意味

  1. [動ラ五(四)]
  1. 今までなかったものが新たに生じる。おきる。「静電気が―・る」「さざ波が―・る」
  1. ㋐自然が働きや動きを示す。おきる。「地震が―・る」「洪水が―・る」
  1. ㋑平常と異なる状態や、好ましくない事態が生じる。おきる。「事件が―・る」「戦争が―・る」
  1. ある感情・欲望が生じる。また、からだの働きがある状態を示す。おきる。「疑いが―・る」「仏ごころが―・る」「発作が―・る」
  1. 大ぜいの人が出てくる。大挙する。
    • 「大衆 (だいしゅ) ―・って西坂本より皆おっかへす」〈平家・一〉
  • おこ・る【起(こ)る】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・少くとも東京の魚河岸には、未にあの通りの事件も起るのである。

      芥川竜之介「魚河岸」