出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ア下一][文]おさ・ふ[ハ下二]
    1. ㋐物が動かないように、押しつけて力を加える。「手で着物の裾を―・える」「文鎮で紙を―・える」

    2. ㋑出入り口に手などを押し当てておおう。「傷口を―・える」「耳を―・える」

  1. 対象の動きを封じる。

    1. ㋐動いたり逃げたりしないように、しっかりつかまえる。「犬を―・える」「賊を―・える」

    2. ㋑勢いを増す傾向にあるものを防ぎ止める。おしとどめる。食い止める。「敵の侵略を―・える」

    3. ㋒自分の支配下に置いて、自由な動きがとれないようにする。抑圧する。「反対派を―・える」

  1. (抑える)

    1. ㋐ある水準以上には高まらないようにする。「値段を手ごろなところで―・える」

    2. ㋑スポーツで、相手の勢いをとどめる。「8回までヒット3本に―・える」「強豪を相手に前半を0点に―・える」

    3. ㋒感情・欲望などが高ぶるのをとどめる。抑制する。「―・えた演技」「怒りを―・える」

  1. 自己に属するものとして確保する。また、差し押さえる。「制空権を―・える」「証拠を―・える」「財産を―・えられる」

  1. 大切なところをしっかり理解する。把握する。「要点を―・える」

  1. 相手から杯を差されたとき、それをとどめて相手に飲ませる。

    1. 「文六殿返盞 (へんさん) 申す、と言ひければ、こは母が―・へまし、間 (あひ) をいたしてあげません」〈浄・堀川波鼓

出典:青空文庫