出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌舞伎や舞踊の伴奏用ではなく、演奏会用に作られた長唄。文化文政期(1804~1830)に起こった。「吾妻八景 (あずまはっけい) 」「秋色種 (あきのいろくさ) 」など。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉