出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

  1. 他人にあれこれ言われない。堂々としている。りっぱである。

    1. 「座敷へ出ても―◦ぬ一本」〈鏡花・湯島詣〉

  1. 否定できない事実である。動かしようがない。

    1. 「殊に今日は土用の入り、それでか跡がきつうどよむ。暦の事は―◦ぬ」〈浄・大経師