出典:デジタル大辞泉

平安時代、平らな屋根の上に土をのせて造った門。後世には檜皮葺 (ひわだぶ) きのものもできた。安土 (あずち) 門。