出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏像造法の一。半肉彫りの原型の上に薄い銅板を置き、鎚 (つち) で打って原型と同じ像形を浮き出させるもの。また、その像。中国の影響を受け、飛鳥・白鳳・天平時代に盛んに行われた。鎚鍱像 (ついちょうぞう) 。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉