出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ下二]

  1. 力を加えてなびかせる。

    1. 「婦負 (めひ) の野のすすき―・べ降る雪に宿借る今日し悲しく思ほゆ」〈・四〇一六〉

  1. すべて一様にする。

    1. 「軽々しう―・べたるさまにもてなすなるがいとほしきこと」〈・葵〉

  1. (完了の助動詞「たり」を伴い、多く打消しに用いて)平凡である。普通である。

    1. 「中納言の君、中務などやうの―・べたらぬ若人どもに」〈・帚木〉