出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ下一][文]おしなら・ぶ[バ下二]《「おし」は接頭語》「ならべる」を強めていう語。また、無理に並ばせる。
  • 「種々の珍肴美酒を卓の狭きまで―・べさせて」〈露伴・露団々〉