おしろい‐ちゅうどく【白粉中毒】 の意味

  1. 昔、おしろいに含まれていた鉛による中毒。皮膚や内臓の障害のほか、胎児や乳児にも重大な障害を起こした。