出典:デジタル大辞泉(小学館)

明け六つ(午前6時ごろ)に寺で鳴らす鐘の音。
(明の鐘)長唄。恋しい男との別れを惜しむ女心をうたったもの。手ほどきの曲として用いられる。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉