出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ特活]《近世、江戸の遊里語》
  1. ある」「居る」の丁寧語。あります。ございます。おります。

    1. 「まだ妹も―・すから」〈洒・甲子夜話〉

  1. (補助動詞)形容詞のウ音便形、形容動詞・指定の助動詞「だ」の連用形「で」に付いて、丁寧の意を表す。(で)ございます。(で)あります。

    1. 「主 (ぬし) の心意気が未だ詳かならずで―・すよ」〈黄・盧生夢魂〉

[補説]活用は、連用形「おし」、終止形「おす」の用例がみられる。