出典:デジタル大辞泉(小学館)

resource description frameworkウェブサイトを利用する異なるアプリケーションソフトどうしが、データ交換を可能にするための枠組み。WWWコンソーシアムで標準化がはかられている。