出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]おそ・る[ラ下二]
  1. 危険を感じて不安になる。恐怖心を抱く。「報復を―・れる」「死を―・れる」「社会から―・れられている病気」

  1. よくないことが起こるのではないかと心配する。危ぶむ。「失敗を―・れるな」「トキの絶滅を―・れる」

  1. (畏れる)近づきがたいものとしてかしこまり敬う。畏敬 (いけい) する。「神をも―・れぬしわざ」

  1. 《近世江戸語》「恐れ入る3㋑」に同じ。

    1. 「栄螺 (さざえ) の壺へ赤辛螺 (あかにし) を入れて出すから―・れらあ」〈洒・四十八手〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース