出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 相手または第三者を敬って、その家・住居をいう語。「先生のお宅にうかがう」

  1. 相手または第三者の家庭を敬っていう語。「お宅は人数が多いからにぎやかでしょうね」

  1. 相手の夫を敬っていう語。「お宅はどちらへお勤めですの」

  1. 相手の属している会社・団体などの敬称。「お宅の景気はどうですか」

  1. ある事に過度に熱中していること。また、熱中している人。「アニメお宅」

[補説]5は「オタク」と書くことが多い。1980年代半ばから使われ始めた言葉か。初めは仲間内で相手に対して「おたく」と呼びかけていたところからという。特定の分野だけに詳しく、そのほかの知識や社会性に欠ける人物をいうことが多い。
[代]同等の、あまり親しくない相手を、軽い敬意を込めていう語。「私よりお宅のほうが適任でしょう」