出典:デジタル大辞泉(小学館)

アケビ科の蔓性 (つるせい) の落葉低木。山野に生え、葉は長楕円形の小葉が5枚手のひら状につく複葉。春、淡紫色の雄花と雌花とが咲く。秋、長楕円形で淡紫色の実がなり、熟すと裂け、果肉は甘く食べられる。木部を漢方で木通 (もくつう) といい、薬用。蔓でかごを編む。近縁種にミツバアケビ・ゴヨウアケビがある。 秋 花=春》「一夜さに棚で口あく―かな/一茶