出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1861~1903]国文学者・歌人。宮城の生まれ。旧姓、鮎貝。号は萩之家 (はぎのや) 。長編新体詩「孝女白菊の歌」で世に知られた。短歌革新を唱えて「浅香 (あさか) 社」を結成。著「萩之家歌集」「ことばの泉」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉