出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1656~1730ころ]江戸中期の俳人。越後の人。名古屋に住んだ。別号、槿花翁 (きんかおう) 。蕉門十哲の一人で、「更科紀行」に芭蕉と同行、尾張 (おわり) 蕉風を開拓した。著「鵲尾冠 (しゃくびかん) 」「庭竈集 (にわかまどしゅう) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉