出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代の物語。4巻。作者不詳。源氏物語よりもやや早い成立か。中納言忠頼の娘が、継母にいじめられて落窪の間に押し込められるが、左近少将道頼に迎えられ、中納言一家も栄える。継子いじめという陰湿な主題を、客観的叙述により明るくおもしろく描いたところなど、後世の物語に与えた影響は大きい。