あけぼの‐そう〔‐サウ〕【×曙草】 の意味

  1. リンドウ科の越年草。山野の水辺に多く、高さ60~90センチ。葉は長楕円形で対生。夏から秋に、花びらの先に2個の濃緑色の斑紋と黒紫色の細い斑点をちりばめた白い花が咲く。