出典:デジタル大辞泉(小学館)

罪を犯したり、親から勘当されたりして、御帳にその名前が記される。

「主人を倒し、親の家を質に書きこみ、つひには―・いて所をはらはれ」〈吉原すずめ・上〉