出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「おかか」の音変化》

  1. 子が母親を呼ぶときの語。江戸末期から中流以下で用いられた。

  1. 《子の母親の意から》夫が妻を呼ぶときの語。他人の妻にもいう。

  1. 店などの女主人を親しんで呼ぶ語。

    1. 「大津屋の―にたいそう世話になったのう」〈人・梅児誉美・三〉