出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]仏語。一劫の億倍。すなわち、非常に長い時間。永遠。→劫 (こう) 
[形動]《それをするには長い時間がかかるところから》「おっくう(億劫)」に同じ。
    1. 「其の法と言ふは、殊外 (ことのほか) ―にて、中々むさと授けられぬことなれども」〈洒・当世花街談義〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉