出典:デジタル大辞泉(小学館)

蹴鞠 (けまり) で、けり始めの作法。懸かりの木や人に当たらないように、人の目の高さほどにけり上げる。貴人や名人が務めた。

「御門 (みかど) も御鞠に立たせ給へり。二条関白良実―し給ひき」〈増鏡・おりゐる雲〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉