出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 江戸時代、管轄の役所・役人を越えて上級の官司に提訴したこと。直訴 (じきそ) 駆け込み訴えはこの類。

  1. 中世、敗訴人が裁判に誤りがあるとの理由で、上訴再審請求をしたこと。