出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 人など動物の口の上下にあり、下のほうが動いて、食物をかみ砕いたり声を出したりするのに役立つ器官。あぎ。あぎと。

  1. 下あご。おとがい。「―がとがった顔」「―ひげ」

  1. 釣り針の先に逆向きにつけた返しのこと。あぐ。

  1. 食事または食事の費用。「―付き」

    1. 「玉を落としたり―を引かれたりして見ねえ勘定迄に商内を仕詰めにゃあいかねえわな」〈洒・部屋三味線〉

  1. 物言い。おしゃべり。

    1. 「『たはごとぬかすとひっぱたくぞ』『えらい―ぢゃな』」〈滑・膝栗毛・五〉