出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 上から下へ勢いよく、また急に移動させる。

    1. ㋐落下させる。「鉛筆を床へ―・す」「柿の実を―・す」「はらはらと涙を―・す」

    2. ㋑光・視線などを注ぐ。その方向に向けて届かせる。「主役の立つ位置にライトを―・す」「書類に目を―・す」

    3. ㋒液体を入れる。また、流し入れる。「紅茶にウイスキーを少し―・す」「川の水を田に―・す」

    4. ㋓あとに残す。「学園紛争が―・した影響は大きい」

    5. ㋔調査結果などを地図や図面に記入する。「経緯度を地図に―・す」

  1. ある所・手元から離す。

    1. ㋐ついているものを取り去る。そこにあるものを、なくなるようにする。「汚れを―・す」「ひげを―・す」「風呂の火を―・す」

    2. ㋑持っているもの、備わっているものをなくす。失う。「不慮の事故で命を―・す」「財布を―・す」

    3. ㋒客などがお金をその場所で使う。「観光客の―・す金で町がうるおう」

    4. ㋓入るはずのものを入れないでおく。ぬかす。もらす。「名簿から名前を―・す」「一字―・してしまった」

    5. ㋔こっそり逃がす。「幼君を西国に―・す」

    1. ㋐試合で、負ける。「初戦を―・す」「星を―・す」

    2. ㋑不合格にする。落第させる。また、不合格となる。「一次審査で半数を―・す」「必修の単位を―・す」

    3. ㋒選挙で、落選させる。

  1. 物事の水準をこれまでよりも低くする。

    1. ㋐普通より位置を下げる。「肩を―・す」

    2. ㋑程度・数量などを下げたり、低い状態にしたりする。「声を―・す」「生産を―・す」「体重を―・す」「力を―・す」

    3. ㋒段階・価値などを低くしたり、悪くしたりする。「平社員に―・される」「評判を―・す」「質を―・す」

    4. ㋓悪口を言う。見下げる。あなどる。

      「目薬のびんが歩くようであろうと―・すに」〈一葉たけくらべ

    5. ㋔零落させる。「身を―・す」

  1. 物事を終わりの段階・状態に行き着かせる。

    1. ㋐あるところまで至らせる。陥らせる。「窮地に―・す」「罪に―・す」

    2. ㋑最終的に自分の所有とする。落札する。「名画を競売で―・す」「手形を―・す」

    3. ㋒城などを攻め取る。陥落させる。「敵陣を―・す」

    4. ㋓強く迫って相手を自分の思い通りにする。熱心に説得して相手を従わせる。また、問い詰めて白状させる。「意中の女性を―・す」「容疑者を―・す」

    5. ㋔物事の決まりをつける。処理する。「必要経費で―・す」「口座から―・す」

  1. コンピューターで、本体に記憶されているデータなどを別の媒体に移す。「文書をフロッピーディスクに―・す」

  1. 柔道で、気絶させる。「絞め技で―・す」

  1. 落語などで、話をしめくくる。「駄洒落 (だじゃれ) で―・す」

  1. 精進などの期間・状態を終わらせる。

[補説]意図的な場合のほか、「定期入れを落とす」「単位を落とす」「平凡なフライを落とす」のように、不用意にも、うっかりして、の意で用いられる場合も少なくない。
[可能]おとせる

出典:青空文庫