あこう‐ぎし〔あかほ‐〕【赤穂義士】 の意味

  1. 元禄15年12月14日(1703年1月30日)、主君の浅野内匠頭長矩 (あさのたくみのかみながのり) の恥辱をそそぐため、吉良上野介義央 (きらこうずけのすけよしなか) を討った旧赤穂藩士47名のこと。翌年2月4日、幕府の命により切腹、泉岳寺に葬られた。赤穂浪士。四十七士。寺坂吉右衛門が討ち入りの途中から姿を消したので四十六士ともいう。