出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]《意識しない物事に、はっと気づかせる意が原義》
  1. びっくりさせる。「世間を―・すニュース」

  1. 気づかせる。注意を呼び起こす。

    1. 「なかなか物思ひの―・さるる心地し給ふに」〈・葵〉

  1. 目を覚まさせる。起こす。

    1. 「添ひ臥して、ややと―・し給へど」〈・夕顔〉

  1. 思いがけないときに便りをする。訪れる。

    1. 「我とは(=自分自身デハ)―・したてまつるべきやうもなく」〈狭衣・四〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース