出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「おん(隠)」の音変化で、隠れて見えないものの意とも》

[名]
  1. 仏教、陰陽道 (おんようどう) に基づく想像上の怪物。人間の形をして、頭には角を生やし、口は横に裂けて鋭い牙 (きば) をもち、裸で腰にトラの皮のふんどしを締める。性質は荒く、手に金棒を握る。地獄には赤鬼・青鬼が住むという。

  1. 1のような人の意から》

    1. ㋐勇猛な人。「鬼の弁慶」

    2. ㋑冷酷で無慈悲な人。「渡る世間に鬼はない」「心を鬼にする」

    3. ㋒借金取り。債鬼。

    4. ㋓あるひとつの事に精魂を傾ける人。「仕事の鬼」「土俵の鬼」

  1. 鬼ごっこや隠れんぼうで、人を捕まえる役。「鬼さん、こちら」

  1. 紋所の名。鬼の形をかたどったもの。

  1. 目に見えない、超自然の存在。

    1. ㋐死人の霊魂。精霊。「異域の鬼となる」

    2. ㋑人にたたりをする化け物。もののけ。

      「南殿 (なんでん) の―の、なにがしの大臣 (おとど) 脅かしけるたとひ」〈・夕顔〉

  1. 飲食物の毒味役。→鬼食 (おにく) い鬼飲 (おにの) み

    1. 「鬼一口の毒の酒、是より毒の試みを―とは名付けそめつらん」〈浄・枕言葉〉

[接頭]名詞に付く。
  1. 荒々しく勇猛である意を表す。「鬼将軍」

  1. 残酷・無慈悲・非情の意を表す。「鬼婆 (ばば) 」「鬼検事」

  1. 外見が魁偉 (かいい) ・異形であるさま、また大形であるさまを表す。「鬼歯」「鬼やんま」