出典:デジタル大辞泉(小学館)

群馬県西部、浅間山の北斜面に広がる溶岩。天明3年(1783)の大噴火の溶岩流が固まったもので、南北約5.5キロメートル、東西1~2キロメートル。巨岩・奇岩が重なり、高山植物がみられる。名は、火口で鬼が暴れて岩を押し出したという伝説から。