出典:デジタル大辞泉(小学館)

貴人の食物の毒味。宮中で、元旦に天皇が飲む屠蘇 (とそ) を、薬子 (くすりこ) と称する少女が鬼の間から出て試食したところからという。→鬼飲 (おにの) み

「国国より奉る氷室の雪氷を、くすりのつかさになめ、―をさせて」〈歌林四季物語・六〉