出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《代名詞「おの」+格助詞「が」》
  1. (連体格として)

    1. ㋐《「おの」は反射指示》自分自身の。各自の。「己が罪におののく」

      「―分を知りて」〈徒然・一三一〉

    2. ㋑《「おの」は一人称》自分の。わたしの。「己が志、いまだ果たせずにいる」

    3. ㋒《「おの」は二人称》おまえの。

      「―主 (しゅう) は、わが口によりて人にてもおはするは知らぬか」〈宇治拾遺・一〇〉

  1. (主格として)

    1. ㋐《「おの」は反射指示》自分自身が。各自が。

      「あるいは―行かまほしき所へいぬ」〈竹取

    2. ㋑《「おの」は一人称》自分が。わたしが。

      「―あらむ此方 (こなた) は」〈・真木柱〉

出典:gooニュース