出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 中古の男子の中着。束帯のときは下襲 (したがさね) 単 (ひとえ) との間に、衣冠直衣 (のうし) のときには袍 (ほう) ・直衣と単との間に着用した。打衣 (うちぎぬ) 。

  1. 女子の中着。表着 (うわぎ) と単との間に着用した。

  1. 女児が上着として着用した、袿 (うちき) より裾を短く仕立てた衣服。

[補説]「あいこめ」の略で、衣服の間に込めて着る衣の意という。