出典:デジタル大辞泉(小学館)

宮廷の女房が礼装のときに用いた檜扇 (ひおうぎ) 。草木や人物などの絵を描き、切り箔砂子などを散らした。近世以降は、両端の親骨の上部に糸花をつけ、色糸を長く垂らす。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉