出典:デジタル大辞泉(小学館)

長野県千曲 (ちくま) 市にある冠着 (かむりき) 山の別名。標高1252メートル。古くから「田毎 (たごと) の月」とよばれる月見の名所。更級 (さらしな) に住む男が、山に捨てた親代わりの伯母を、明月の輝きに恥じて翌朝には連れ戻しに行ったという、姨捨山伝説で知られる。[歌枕]

「わが心なぐさめかねつ更級や―に照る月をみて」〈古今・雑上〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉