出典:デジタル大辞泉(小学館)

昔、宮中で疫病よけのために、八朔 (はっさく) (8月1日)に食べたかゆ。ススキの花穂を黒焼きにして入れた。江戸時代には民間でも行われ、早稲 (わせ) の黒焼きや黒ごまを用いることもあった。おばなのかゆ。 秋》