出典:デジタル大辞泉(小学館)

愛想をつかして見限ること。特に、なじみの店にしばらく行かないこと。「あら、とんとお見限りでしたわねえ」