出典:デジタル大辞泉(小学館)

物忌みのしるしとする清浄な上着。大嘗祭 (だいじょうさい) 新嘗祭 (しんじょうさい) などに奉仕する小忌人 (おみびと) や祭官などが装束の上に着る。白布に花鳥草木などの文様を青摺 (あおず) りにし、右肩に赤ひもという赤黒2本のひもを垂らす。おみのころも。おみ。 冬》

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語