出典:デジタル大辞泉(小学館)

お気に入る。お目が参る。

「―・ったら、そのまま御見参であらう」〈狂言記拾遺・文相撲〉