出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ヒルガオ科の蔓性 (つるせい) の一年草。茎は左巻き。葉は大きな切れ込みがある。夏の朝、らっぱ状の花を開く。種子は漢方で牽牛子 (けんごし) といい、緩下剤などに用いる。東アジアの原産で、奈良時代に薬用植物として中国から渡来。江戸初期より園芸植物として栽培され、多くの品種が作られた。牽牛花。槿花 (きんか) 。しののめぐさ。 秋》「―や昼は錠おろす門の垣/芭蕉

  1. キキョウの別名。〈新撰字鏡

  1. ムクゲの別名。〈名義抄

  1. カゲロウ(蜉蝣)の別名。

  1. 朝顔の花の形をしたもの。漏斗状の器物や、管楽器の先端部。また特に、男子用便器のこと。

  1. 朝起きたばかりの顔。

    1. 「ねくたれの御―見るかひありかし」〈・藤裏葉〉

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表裏とも縹 (はなだ) 色

  1. 焼き麩 (ふ) をいう女房詞

源氏物語第20巻の巻名。また、その巻の女主人公の名。光源氏32歳。朝顔との恋愛、紫の上の嫉妬 (しっと) を描く。
[補説]書名別項。→槿

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:青空文庫

出典:gooニュース