出典:デジタル大辞泉(小学館)

福岡県太宰府天満宮の付近を流れる、御笠川の上流。
思いが深く絶えることのないのを川にたとえていう語。
    1. 「―たえず流るる水の泡のうたかた人に逢はで消えめや」〈後撰・恋一〉

[補説]書名別項。→思ひ川