出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]

  1. 悟る。わきまえる。理解する。

    1. 「世の道理を―・りて、恨みざりけり」〈・帚木〉

  1. 心に思い定める。決心する。

    1. 「ただ念仏を修して後世を祈りて、この所をいでじと―・りて」〈今昔・一五・六〉