出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]朝に立つ霞。 春》「茶を呑めと鳴子引なり―/一茶
[枕]
  1. 八重に立ちこめ物がはっきり見えない意、また霞の立つ春の意から「八重」「ほのか」「春日 (はるひ) 」にかかる。

    1. 「―ほのかにだにや妹 (いも) に逢はざらむ」〈・三〇三七〉

  1. 鹿火 (かひ) (蚊火)の煙が霞のようにたなびく意から「かひ」にかかる。

    1. 「―鹿火屋 (かひや) が下に鳴くかはづ」〈・二二六五〉