出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 記憶によって心に思い浮かべる顔や姿。「亡き人の―をしのぶ」

  1. あるものを思い起こさせる顔つき・ようす。「目もとに父親の―がある」「古都の―は今やない」

  1. 実際には存在しないのに見えるように思えるもの。まぼろし。幻影。

    1. 「夢に見えつるかたちしたる女、―に見えて、ふと消えうせぬ」〈・夕顔〉

  1. 歌論用語で、作品から浮かびあがってくる心象。

    1. 「詞 (ことば) のやさしく艶なる他、心も―もいたくはなきなり」〈後鳥羽院御口伝

  1. 面影付け」の略。

  1. 名香の名。香木は伽羅 (きゃら) 。

[補説]「俤」は国字。

出典:青空文庫

出典:gooニュース