出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]おもしろ・し[ク]《もと、目の前が明るくなる感じをいった語》
  1. 興味をそそられて、心が引かれるさま。興味深い。「何か―・いことはないか」「仕事が―・くなってきた」「この作品は―・くなかった」

  1. つい笑いたくなるさま。こっけいだ。「この漫画はなんとも―・い」「―・くもない冗談」

  1. 心が晴れ晴れするさま。快く楽しい。「夏休みを―・く過ごした」「無視されたようで―・くなかった」

  1. 一風変わっている。普通と違っていてめずらしい。「―・い癖」「―・い声」

  1. (多く、打消しの語を伴って用いる)思ったとおりである。好ましい。「結果が―・くない」

  1. 風流だ。趣が深い。

    1. 「月の―・きに、夜更くるまで遊びをぞし給ふなる」〈・桐壺〉

[派生]おもしろがる[動ラ五]おもしろげ[形動]おもしろさ[名]おもしろみ[名]
[用法]おもしろい・[用法]おかしい――「おもしろおかしく話す」「おもしろい(おかしい)形の木の根」のように、滑稽 (こっけい) な、奇妙な、の意味では、相通じて用いられる。◇「おもしろい」は、「おもしろい小説」「仕事もだいぶおもしろくなってきた」のように、その内容が(話し手の)興味をひく場合に用いられる。◇「おかしい」は、「何となくおかしい作品」のように、形式その他が風変わりだ、調和的でない意を表し、また、「先月来、からだの調子がおかしい」「彼が勲章をもらうなんてちゃんちゃらおかしい」と不調・不審の用法に及ぶ。これらは「おもしろい」に置き換えられない。◇「おもしろい試合」は、緊迫した内容の試合であり、「おかしい試合」は、普通でない変な経過、珍プレーのある試合ということになる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース