出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. オモダカ科の多年草。池沼や水田に生える。葉は鏃 (やじり) 形で、30~60センチの長い柄をもつ。夏から秋、高さ40~70センチの花茎を伸ばし、白色の3弁花を輪生する。はなぐわい。 夏》「―や芥 (あくた) 流るる朝の雨/紅緑

[補説]生薬の沢瀉 (たくしゃ) は、サジオモダカの球茎。
  1. 紋所の名。オモダカの葉と花を組み合わせたもの。立て沢瀉・抱き沢瀉など。

  1. 文様の名。オモダカの葉を文様化したもの。

  1. オモダカの葉の形をした鏃 (やじり) 

源氏八領の鎧 (よろい) の一。札 (さね) は黒塗り、総萌黄 (そうもえぎ) の糸で沢瀉威 (おどし) にし、耳糸は白を用いたという。