おもだか‐おどし〔‐をどし〕【沢威】 の意味

  1. 鎧 (よろい) のの一。オモダカの葉の形に似せて上を狭く、裾開きに、周囲の色と変えておどす。周囲の地色から紫地沢瀉威、萌葱 (もえぎ) 地沢瀉威などという。