出典:デジタル大辞泉(小学館)

面目をほどこすような歌。すぐれた和歌。代表的な歌。

「御詠の中にはいづれをかすぐれたりとおぼす。…是をなん身にとりては―と思ひ給ふる」〈無名抄