出典:デジタル大辞泉(小学館)

ユリ科の多年草。山地に自生し、肥厚した地下茎から多数の濃緑色の葉を出す。葉は長さ30~50センチで、厚くつやがある。春、短い茎を出して淡黄色の小花を穂状に密集してつけ、実は丸く赤色、まれに黄色。園芸品種が多い。 実=秋》「花の時は気づかざりしが―の実/几董

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語