出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下二]

  1. 見なれて珍しく感じなくなる。

    1. 「あまた年越ゆる山辺に家居して、綱ひく駒も―・れにけり」〈かげろふ・中〉

  1. なれなれしくなる。

    1. 「ほの好きたる方に―・れなましかば、かう初々しうも覚えざらまし」〈・夕霧〉